こんにちは♪
からだ接骨院 有野院です。
いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます(*’▽’)
 
今週の交通事故のお話は、 『交通事故後の治療』 についてです。
 
 
 
通院について
 
もし交通事故に遭って身体に異常を感じたら すぐに交通事故治療専門の整骨院へ
治療に行きましょう。
痛みを我慢してしまい、数か月後に後遺症が出た場合などは交通事故との因果関係が
証明出来ません。
 
又、むち打ちの場合はレントゲンのみでは診断が難しいので「異常無し」と言われても
何処が痛いのかをしっかりと説明し、必ず診断書を書いてもらう様にしましょう。
 
 
通院の間隔が空くと困る例
 
・事故後10日くらいしてから痛みが出て病院に行く
→事故との因果関係が証明出来ない可能性が有ります。
 
・1か月以上、怪我の治療で通院しない期間がある
→通院期間が空く事で、怪我は事故とは無関係、または治療の打ち切りと判断される。
 
痛みを我慢して通院間隔を空けると保険会社の方から怪我は治癒したと思われ、
保険の早期打ち切りを検討される事があるので痛みが有る内はしっかりと通院しましょう。
 
じこ     じこ2
 
痛みがある場合は必ず人身事故扱いで
 
もし加害者側から「点数の累積で免許停止になると仕事がクビになるので、人身事故にしないで欲しい」と頼まれても痛みがあるなら人身事故扱いにし、すぐに治療へ行くべきです。
 
何故なら 自賠責保険は、人身事故扱いでなければ適用されないからです
 
人身事故にせず、治療をせずにいて後に被害者が後遺障害となり、泣き寝入りする事も
多々あります。
交通事故は初期の対応が重要。
すぐに交通事故治療専門の整骨院へ治療へ行った方が早期に治療を終えて社会復帰出来ます。事故に遭ったら 先ずは自分の身体を治す事に専念しましょう。
 
 
 
 
 
もし事故に遭い、緊急の場合は24時間で事故相談窓口も行っております!
 
【あわた整骨院・からだ接骨院】                                                
緊急連絡先:📱070-5342-4559
担当者:高橋(交通事故アドバイザー)              あわたからだ


この記事をシェアする

関連記事